内緒でキャッシング|専業主婦でも借りれるカードローン特集!

わたしが初めてカードローンを利用したのは15年前のことでした。
そのときは急にお金が必要になったので「カードローン」って何なんだろう?と考えることもなく、お金を借りられるならどこでもいいやという感じでカードローンに申し込みました。

 

でもお金を借りるのは簡単だけど、返すのって結構大変なんです。
だからもっとちゃんと分かった上で申し込めばよかったと今になって思うことがあります。

 

これから利用する人のために分かりやすい情報を提供できたらいいなと思っています。

 

 

借りる方法はいろいろある

 

お金に困ったときにどうやって対処するかは人それぞれです。
次のお給料やボーナスまで待てるのなら待つのが賢明です。
でも本当に急にお金がいるときや、まとまったお金が必要になることもありますから、そんな時は借金をするという選択をせざるを得ません。

 

まず思いつくのは友人や親、はたまた親族から借りるという方法。

これは個人的にはあまりおすすめできません。
なぜなら借金トラブルで疎遠になった人を知っているからです。
トラブルにまで発展しないとしても、借りた人の自分に対する評価は間違いなく下がります。

 

そうなると、金融機関から借りるということになります。

あまり借金とは意識していないけれど、クレジットカードで買い物をするのも、スマホを分割で購入するのもそうですね。
他にも身近なものだと自動車を買った時にローンを組む、学費を奨学金で支払うのもそうです。

 

自分は借金をしたことがないと思っていても意外にしているものなんです。

 

 

ローンにも種類があります

 

「ローン」は「(お金を)貸す」という意味ですが、立場を変えて「お金を借りる」という意味で使われています。
貯蓄だけでは対応できない場合などにまとまったお金を借りて毎月少しずつ返済していくのが一般的です。

 

銀行などの取り扱うローンには、借りたお金の使用目的が限定されたローンと、使途が自由なローンがあります。
限定されているローンの代表は、住宅ローン、教育ローン、自動車ローンです。
自由なローンは、多目的ローン(フリーローン)やカードローンですね。

 

ローンの金利は金融機関が設定していますが、一般に
住宅ローン<教育ローン<自動車ローン<フリーローン<カードローン
の順番に高くなります。

 

 

カードローンは手軽な分、自己責任が必要

 

お金

上に挙げたローンのうちカードローン以外のものは、借りる際にその都度審査を受けて、契約を交わす方式になっています。
しかしカードローンは、最初に審査を受け契約をしたら、決められた限度額の範囲内であればいつでも何度でもお金を借りることができます。

 

便利な商品ですが、ローンカードを使ってATMなどからお金を借りるので口座から引き出している感覚に陥ってしまうことがあります。
返済についても自由度が高いため、最初に考えていたよりも長期化してしまうこともありますので気をつけないといけません。

 

更新履歴