主婦がお金を借りるにはここ

 

平成18年に貸金業法が改正されてから、借り入れ総額は年収の3分の1までという総量制限ができ、お金を借りにくくなりました。
特に収入の少ない主婦にとってその影響は大きいものでした。
「主婦はお金を借りられなくなった」なんていう風に言われるのはこのせいです。

 

 

主婦でもお金は借りられます

 

総量制限ができる前とは状況は変わりましたが、主婦もお金を借りることができます。
現にわたしも「お給料がでるまで生活できないなあ」「突然の出費でピンチ」なんていうときにカードローンでお金を借りてしのいでいます。

 

ただし、総量制限がありますから、年収の3分の1までとなります。
年収300万円の人は100万円までです。

 

 

総量規制の例外〜配偶者貸付け〜

 

原則として個人ごとに総量制限が設けられていますが、例外として「配偶者と併せた年収の3分の1まで」が認められています。
配偶者貸付けです。

 

例えば、妻に収入がなくても、夫の収入が300万円あれば、夫の借り入れと合計して100万円まで借り入れできるというものです。

 

この配偶者貸付けで借りる場合は、夫の同意と夫婦関係を証明する書類の提出が求められます。
また手続きが複雑であることなどから配偶者貸付けを行っているところはほとんどないのが現状です。

 

 

銀行のカードローンなら大丈夫

 

OK

ここまで話してきた総量規制は貸金業法という法律で定められています。
貸金業法は、消費者金融やクレジットカード会社などの貸金業務についてが対象です。
そのため、銀行、信金、労金などは対象外となります。

 

つまり、銀行のカードローンなら専業主婦で収入がなくても借りられるということです。
ただし、借り入れには審査に通る必要があります。
「専業主婦も申し込みできます」というカードローンは増えてきていますので、申し込み条件をよく確認して申し込むと良いでしょう。